2017年、道内勢の初陣はRISE-115

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grabs

1月28日に東京・後楽園ホールで開催される「RISE-115」に道内勢3選手がエントリーしている。当該カードは以下の3試合。

▼ライト級(-63kg)3分3R延長1R
藤田雄也(極真会館/同級6位)
AKINORI(蹴空ジム/ライト級9位、2014年RISING ROOKIES CUPライト級優勝)

▼バンタム級(-55kg)3分3R延長1R
津田鉄平(新宿レフティージム/同級10位)
拓 也(蹴空ジム/同級11位、2016年RISING ROOKIES CUPバンタム級優勝)

▼スーパーフェザー級(-60kg)3分3R
KENTA(HAYATO GYM/JAPAN CUP 2016 -65㎏トーナメント優勝)
後藤丈治(P’sLAB札幌)

まずはBOUTの貴公子・AKINORIが、藤田雄也と拳を交える。

藤田は極真会館の下赤塚道場で指導者として活動する傍ら、現役選手としても全日本ウエイト制大会軽量級で優勝を飾るなど輝かしい戦績を残している。釣りをこよなく愛する30歳だ。

ランクは藤田が6位でAKINORIが9位だが、このあたりの差はあってないようなもの。過去にランク1位の麻原将平と対戦経験があるAKINORIにしてみれば、勝っておかないと評価が下がる相手といっていいだろう。

昨年末のBOUT-25ではデビュー当時さながらのハングリーさを見せ、上位ランカーを下しているAKINORI。本人曰く「気持ちのスイッチの入れ方に開眼した」という勢いそのままに攻めれば、撃破は十分可能と見る。

そして、昨年のルーキーズカップを制し、見事に新人王に輝いた拓也は、BOUTでも御馴染みの津田鉄平と対戦する。

津田は昨年6月のBOUT-23において、山川賢誠にKO敗している選手。拓也は3月26日に行われるBOUT-26で山川との対戦が決定しているだけに、是が非でも白星を挙げておかなければならない。

ここで拓也が負けるような事があれば、3月のメイン対決の熱がはやくも盛り下がってしまうことは必至だ。ランクでいえば津田のほうが上だが、時の勢いは拓也にある。当サイトとしても断固、拓也を応援したい。

スーパーフェザー級で登場するのは、パンクラス札幌大会を主戦場とするMMAファイター・後藤丈治。キックでは今回がデビュー戦となる。

打撃にも非凡な才能を見せる後藤は、同じく3月のBOUT-26で、道内軽量級最強の称号をもつ出口智也(忠和會・RISEバンタム級7位)との対戦が決定している。出口戦のまえに1つクッションを挟む意味でも、今回のKENTA戦はタイミング的にも丁度いいといったところか。

後藤の対戦相手・KENTAは昨年12月にプロデビューを果たしたルーキーだが、デビュー前に出場した主要アマチュア・トーナメントの全てで優勝を飾っている要注意人物だ。ある意味、出口よりもやりにくい要素が多い一戦といえる。

はたして、出口戦に向けて有意義な一戦とできるか?後藤のポテンシャルがうまく開花することを祈るのみだ。

拓也と後藤の参戦が決定している「BOUT-26」の概要と決定済みカードは以下の通り。

【決定済み対戦カード】

▼RISEランキング戦バンタム級3分3ラウンド EXR1R
山川賢誠(RISEバンタム級9位・札幌道場)
拓也(蹴空ジム・RISEバンタム級新人王)

▼BOUTkickboxingルール67kg契約3分3ラウンド(肘有)
TETSURO(NJKFウェルター級4位・grabs)
CAZ JANJIRA(JANJIRA GYM・蹴拳ウェルター級暫定チャンピオン)

▼RISE公式戦57kg契約3分3ラウンド
出口智也(RISEバンタム級7位・釧路忠和會)
後藤丈治(P´sLAB札幌)

▼BOUTkickboxingルール53kg契約3分3ラウンド
がんばれ!ふるかわくん(grabs)
山田忠洋(WSR札幌)

▼RISE公式戦59kg契約3分3ラウンド
熊谷 麻理奈 (WSR札幌・全日本ボクシング選手権2012準優勝)
米沢 知佐(Team Free Style・第6回極真会館世界大会優勝)

【ノースエリア格闘技イベント BOUT-26: 開催概要】

日時:2017年3月26日(日)17時開場17時30分試合開始

主催:BOUT実行委員会 http://bout.jp/

場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

チケット料金:SRS7000円、A席5000円(当日500円UP)

【チケット発売所】

・チケットぴあ:0570-02-9999 
 Pコード834-386(セブンイレブン・サンクス店頭)

チケットぴあ販売ページへ

・他、各出場選手所属ジム

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。