パンクラス札幌大会がケージ導入へ。アマ大会もケージを使用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook_bnr

PANCRASE札幌大会事務局は、「世界標準」並びに「ナンバーシリーズにて勝てる選手の育成」を目指すため、かねてからの懸案事項であった「ケージでの大会開催」を決定したと発表した。

5月29日(日)札幌・コンカリーニョで開催されるPANCRASE札幌大会よりケージが導入される。以後の大会も基本的にケージでの開催を進めるという。

また、それに伴い日昼に行わるアマチュア競技会・JMMAF北海道大会は「北海道ケージファイト」と名称を変更し開催。プロ興行と同じくケージを使用した試合となる。

ご承知の通り、世界のMMA界をリードするUFCをはじめ、多くの団体がケージを採用しており、現在ではこれがスタンダードとして認知されている。

実際、リングで戦うMMAとケージで戦うMMAでは、距離感、間合いの詰め方などが異なってくる以上、それらは全くの別競技と捉えるのが正解だ。

日本では全国的に観てもケージで戦える環境というのは、まだまだ少ないのが現状。アマチュア時代からケージでの攻防に慣れておくことは、全国区を目指す選手にとって大きなアドバンテージになるだろう。

なお、北海道ケージファイトでは、プロ志望でない方たちにも出場しやすいルールも用意し、包括的にレベルアップを図っていく方向だ。

北海道ケージファイトの参加要綱、参加申し込み書は下記からダウンロード可能。たくさんのご参加をお待ちしている。

北海道ケージファイト開催のお知らせ(Word)

北海道ケージファイト開催概要(Word)

北海道ケージファイト参加申し込み書(Excel)


クラウドソーシング「ランサーズ」

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。