7.1開催・青森GFG | 直前プチ・インタビュー:山本辰弥編

青森発・新MMAイベント「GFG」

7月1日(日)に青森・プラザマリュウ五所川原で開催される新MMAイベント「Global Fightingsports Game(GFG)」。GFGは五所川原市に拠点を置くT-Pleasureの藤田成保代表が中心となって運営。北海道で豊富な大会実績のあるBOUT実行委員会が協力し、統一ルール・ケージ採用で11試合が行われる。

メインイベントでは青森でスカーフィストジムを主宰する小蒼卓也が、UFC参戦経験もある清水俊一と対戦。セミでは同じくスカーフィスト所属のプロシューター・梶川卓が、DEEP・ZST等に参戦している児玉勇也と対戦する。

道内勢からは後藤丈治(P’s LAB札幌)、山本辰弥(ノースキングスジム)、平賀正孝(TEAM URESPA)の3選手が参戦。当サイトでは、この3選手に試合への意気込みを聞くプチ・インタビューを企画した。今回は第二弾として山本辰弥編をお届けする。

▲入念なストレッチを行う。3年ぶりの決戦へ気合が入る山本辰弥。

小さな巨人・山本辰弥が再始動

お久しぶりです。ひさびさの試合ですが心境は?

まずはチャンスをいただいたGFG実行委員会さん、そしてイベントに携わったすべての方々に感謝申し上げます。少しでもイベントの成功に貢献できるよう、全力でやらせていただきます。

衝撃の流血敗戦から、じつに3年ぶりの試合です。

前回の負け方が負け方だっただけにね。あのままじゃ終われないという気持ちは、ずっと胸に暖めていたんですよ。今回はチャンスをいただいた運営の皆さん、応援に駆けつけてくれた皆さんの期待に応える試合にします!

今回は一階級上げての参戦ですから、気持ち的には楽ですよね。

そうそう。炭水化物を控えて普通に練習していればリミットですからね。こうして練習後にステーキも食べて、自慢のフィジカルを存分に活かしたいと思います。(取材当日は練習後にステーキ屋で肉を食べながらのインタビューであった)

▲圧倒的なフィジカルはもちろん、一撃必倒の打撃も健在だ。

減量苦なし。自慢のフィジカル全開

練習を拝見しましたが、調子は上々ですね。

そうですね。スタミナに不安要素があったんですが、ここにきて仕上がってきましたね。脚もついてきてるし、パンチもいい感じで打ててます。仕事の関係で練習時間が限られているなかでも、こうして身体を作っていけるのも宇部代表やジムの仲間の協力のお陰です。あと嫁さんの協力もね。

あいかわらず愛妻家ですね。じつは反対を押し切っての出場だったのでは?

いやいやいや。全面的な協力をもらっていますよ(笑)。

そういえば後輩の村田俊選手も腕を上げてますね。スパーリングでもいい練習相手になっていますか?

強くなってますよ。僕でも一本取られるときがありますから。あ、村田の話題が出たついでなんですが、じつは彼のリングネームを考えているんですよ。なんかいい名前ないですかね?

それでしたらMMA-ZENのサイト上で募集フォームを作りますよ。なにぶん弱小サイトの限られたアクセス数ですので、お役に立てるかどうかわかりませんが。

▲宇部代表とも入念な打ち合わせ。必勝の覚悟で乗り込む山本陣営

山本辰弥の負けられない理由

青森GFGにはMMA-ZENさんも取材に来るんですか?

残念ながらスケジュールが合いませんで。今回の対戦相手は先日のパンクラス札幌大会で試合をした黒石大資選手ですよね。

札幌では負けちゃいましたけどね。でも逆に地元での試合は背水の陣でくると思うし、僕も彼の実力はあんなもんじゃないと思っているので、油断せずにいきたいですね。

先日、吉田イサヲ選手と一杯やったんですよ。次回は山本選手の祝勝会で会おうってことになってます。

ん?それはちょっと飛躍しすぎじゃないですか。まだ試合前ですし不謹慎でしょう。

いやいや、こうやってプレッシャーをかけているんです。すでに札幌ビール園を予約しておきましたから。もう勝ってもらわないとこっちが困るというわけです。

しょうがないですね(困)。まあ、イージーな試合ではないので約束はできませんが、精一杯やってきます。皆さん応援よろしくお願いいたします!

【25%OFF】HMBタブレット 180粒 エイチエムビー サプリ サプリメント

決定済み対戦カード

▼メインイベント バンタム級 5分2R・EXR3分1R
小倉卓也(スカーフィスト)
清水俊一(宇留野道場)

▼セミファイナル フライ級5分2R・EXR3分1R
梶川 卓(スカーフィスト)
児玉勇也(トイカツ道場とらの子レスリングクラブ)

▼第8試合(株)山田板金工業presents バンタム級 5分2R・EXR3分1R
佐々木郁矢(T-Pleasure/第4代GRACHANバンタム級チャンピオン)
後藤丈治(P’s LAB札幌)

▼キックボクシングエキシビジョン 2分2R
一戸総太(クレインムエタイスポーツジム/元WPMFスーパーライトバンタム級チャンピオン※青森県鶴田町出身)
山川賢誠(RISEバンタム級4位)

▼第7試合 フライ級 5分2R・EXR3分1R
大里洋志(スカーフィスト)
田丸慶輔(宇留野道場)

▼第6試合 フライ級 5分2R・EXR3分1R
山本辰弥(ノースキングスジム)
黒石大資(スカーフィスト)

▼第5試合 バンタム級 5分2R・EXR3分1R
ライダーHIRO(宇留野道場)
吉原 零(ブレイブハート)

▼第4試合 フライ級 5分2R・EXR3分1R
魚住良太(メビウススポーツアカデミー)
平賀正孝(TEAM URESPA)

▼第3試合 バンタム級 5分2R・EXR3分1R
工藤修久(禅道会小金井道場※青森県五所川原市出身)
辻村秀綱(スカーフィスト)

▼第2試合 フライ級 5分2R・EXR3分1R
澤田 良(T-Pleasure)
池田一歩(ブレイブハート)

▼第1試合 フェザー級 5分2R・EXR3分1R
大村 朗(TEAM BADASS13)
武田光信(GUILTY)

大会概要

大会名:Global Fightingsports Game

WEBサイト:https://gfg-tp.jimdofree.com/

日時:2018年7月1日(日) 開場13:00 試合開始13:30

会場:プラザマリュウ五所川原

主催:GFG実行委員会

TEL: 090-2606-5207(藤田)

協力:BOUT実行委員会

チケット情報

▼チケット料金

VIP席18,000円(打ち上げ飲食代込み)

RS席 10,000円

S席 8,000円

A席 6,000円

B席 5,000円

自由席 4,000円

※当日購入は500円増し

▼チケット販売所

・チケットぴあ
0570-02-9999
Pコード839-484

・出場選手所属道場

写真提供:GFG実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
error: IPアドレスを記録しました。