3月4日開催:BOUT-31 前日計量レポート

いよいよ明日に迫ったBOUT-31。メインは昨年のパッカシット戦で、健在ぶりを印象付けたBOUTの貴公子・AKINORI(蹴空ジム/RISEライト級8位)が、熱望していた上位ランカー・川島史也(BattieNation/RISEライト級6位)との戦いに挑むRISEランキング戦だ。

その他、出口智也vs嶋田将典、北濱精悦vs KENTA、北田裕二vs甲斐康介、佐藤勇波vs那須川龍心など、さしずめ道内勢vs本州勢の対抗戦といった構図の今大会。

川島をはじめ計量会場に姿をみせた本州勢は、いずれもベストコンディションを伺わせる佇まい。「寄らば斬る」といったオーラ出しまくりで、近寄りがたい雰囲気であった。道内勢危うしというのが正直な印象だが、はたして道内勢に勝機はあるのか?以下に決戦にさきだって行われた前日計量の模様をお届けする。

メインイベント

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンドEXR1R
川島史也(画像左:BattieNation/RISEライト級6位)
AKINORI(蹴空ジム/RISEライト級8位)

川島のコメント:札幌、思ったより寒くないっすね(笑)。俺は真っ向勝負のどつき合いを身上としてるんで、明日は1Rからいきますよ。打ち合いだったら誰とやっても負けない自信がある。ここ最近でパンチの当て勘が増したのが、一番成長したと感じる部分。AKINORI選手は人気選手だと聞いてますが、俺も激闘男と呼ばれた男。明日は熱い試合をして盛り上げますんで、応援よろしくお願いします!

AKINORIのコメント:昨年は敵地でのKO敗などいろいろあったが、結局は自分との戦い。常に前だけを見てやってきた。パッカシット戦なども経験し、全体的にはレベルアップしている。今回は大きなチャンスをいただいたので、全力でものにしたい。(年内の目標は?)年内にタイトル戦線に絡めるくらいまでランクを上げていきたい。

セミファイナル

▼RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド
出口智也(画像上:忠和會/RISEバンタム級6位)
嶋田将典(StayGold)

会場に一番乗りした嶋田だったが、予備計量で400gオーバー。サウナに直行したため、出口との顔合わせはなかった。出口は一発クリア。出口は会場でもよく笑い、調子が良さそうだった。

出口のコメント:(ケガの具合は?)ドクターからお墨付きをもらったんで大丈夫です。怪我をした箇所をかばいながらの練習でしたが、逆にそこ以外のスキルを伸ばすことができました。嶋田選手は蹴りが良さそうな印象だったので、蹴りに対する対策を練ってきました。作戦がハマればいけると思います。(髪型が変わったが?)友達がやってみろというので変えてみました。ニュー出口をお見せします(笑)。

上の画像は2時間後にサウナからもどった嶋田。このあと若干のジムワークで汗を流し、無事に計量をパスした。悲壮感が漂っていたので、声をかけることができず。コメントはなし。

第三試合

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
北濱精悦(画像左:TARGET SHIBUYA/第2回極真会館連合会世界大会軽量級優勝※小樽出身)
KENTA(HAYATO GYM/2016JAPAN CUP-65優勝)

北濱のコメント:(TDCホール大会はどうだった?)広い会場、観客の熱気、プレッシャーのかかり方、いろいろな意味で大きな経験をさせていただきました。キックボクサーとしての密度が濃くなっているのを実感しています。明日はその成果をお見せします!

KENTAのコメント:普段通りの調整をしてきました。北濱選手のことは知っていましたが、特別なにかをしたということはありません。蹴りは以前から良かったので、今回はパンチ技術のレベルを上げてきました。札幌のファンには蹴りも強くパンチも強く、どの技でも倒せるKENTAを見せますよ。

第二試合

▼BOUTキックボクシングルールフェザー級3分3ラウンド
竹内直矢(画像左:ベラトレオ函館)
大澤辰徳(蹴空ジム)

竹内のコメント:途中、不調に陥りましたが、うまくコンディションを上げてこれたと思います。BOUTさんには初めてお世話になりますが、見たことない顔ぶればかりなので気持ち的には楽ですね。明日は楽しんでノビノビと戦いたいです。注目してほしいところ?そうですねぇ・・・思い切りのよさですかね(笑)。

大澤のコメント:絶好調です。フェザーまで落としましたが、パワーはそのまま。逆に動きやすくキレが増した感じです。注目してほしいところ?うーん、やっぱりラッシュですかね。早い段階からガンガンいきたいと思います。

第一試合

▼RISE公式戦58㎏契約3分3ラウンド
北田裕二(画像右:Grabs)
甲斐康介(HAYATO GYM)

北田のコメント:ケガもなく調子はいいです。相手も身長が高いので距離の戦いになるでしょう。TOMONORI会長からのアドバイスをよく守り、期待に応えたいですね。応援に来てくれる方々のためにも全力で戦いたい。

甲斐のコメント:第一試合なんで盛り上がる試合をします。(北田選手の印象は?)なんか、いい人そうっスね。対策は懐に入らせないように策を練ってきました。(札幌のファンに一言)自分はどっちかというと蹴りの選手。足が高く上がるんで、前蹴りやハイキックに注目してほしいですね。

オープニングファイト

▼BOUTジュニアキックルール1分30秒2ラウンド
佐藤勇波(Grabs/EXPLOSION優勝)
那須川龍心(TEAM TEPPEN)

※ジュニアは当日計量のため、前日計量はなし。

ノースエリア格闘技イベントBOUT-31 開催概要

▼日時:
2018年3月4日(日)
17時開場
17時30分試合開始

▼主催:
BOUT実行委員会
TEL:011-562-3291
URL:http://bout.jp/

▼会場:
コンカリーニョ
北海道札幌市西区八軒1条西1丁目1−2
(JP琴似駅直結※駐車場無し)

▼チケット料金:
SRS席 7000円 RS席 5000円
※ 当日1000円UP

▼チケット販売所:
チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード837-488
セブンイレブン・サンクス店頭
各出場選手所属ジム
※当日券は12時より会場入り口で販売開始

決定済みカード

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンドEXR1R
・川島史也(BattieNation/RISEライト級6位)
・AKINORI(蹴空ジム/RISEライト級8位)

▼RISE公式戦フェザー級3分3ラウンド
・出口智也(忠和會)
・嶋田将典(StayGold)

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
・北濱精悦(TARGET SHIBUYA/第2回極真会館連合会世界大会軽量級優勝※小樽出身)
・KENTA(HAYATO GYM/2016JAPAN CUP-65優勝)

▼RISE公式戦58㎏契約3分3ラウンド
・北田裕二(Grabs)
・甲斐康介(HAYATO GYM)

▼BOUTキックボクシングルールフェザー級3分3ラウンド
・竹内直矢(ベラトレオ函館)
・大澤辰徳(蹴空ジム)

▼BOUTジュニアキックルール1分30秒2ラウンド
・佐藤勇波(Grabs/EXPLOSION優勝)
・那須川龍心(TEAM TEPPEN)

写真提供:BOUT実行委員会

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
error: IPアドレスを記録しました。