6月11日開催BOUT-27:前日計量レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ明日に迫ったBOUT-27。メインは道民が世界に誇るタイトルホルダー・TOMONORIと、英国のムエタイ・エリート、エヴァン・ジェイズが激突するISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦。

今大会は神童・那須川天心(ISKAオリエンタル世界バンタム級王者・RISEバンタム級王者)のBOUT初登場に加え、世界戦にふさわしいアンダーカードも充実。会場もホームのコンカリーニョから高級ホテルに場所を移しての一大イベントだ。

今回は恒例となった前日計量の模様をお伝えする。当初は世界戦編とアンダーカード編の二回にわけてお届けするとお伝えしたが、事情によりアンダーカード編のみを先にお届けする。

▲RISE公式戦ライト級3分3ラウンドEXR1ラウンド
・AKINORI(画像左)(RISEライト級7位・蹴空ジム)
・緒方惇(チーム緒方)

AKINORIのコメント:2回流れてる試合なので、今回キッチリと決着をつけたいです。相手はボクサー上がりなので、こっちは蹴りで攻めますよ。いつも通り、相手がどうこうではなく自分との戦いが第一。あきらめない気持ちを見てください。熱い試合をします!

▲RISE公式戦バンタム級3分3ラウンドEXR1ラウンド
・出口智也(画像左)(RISEバンタム級6位・忠和會)
・津田鉄平(RISEバンタム級10位・新宿レフティージム)

出口のコメント:津田選手への対策はしっかりできてる。明日はステップワーク、出入りといったところに注目してほしいです。

津田のコメント:BOUTでデビューした僕にとって、BOUTは特別なイベント。いまでも声をかけていただけることに感謝したい。今回はすべてを賭けて練習してきた。いま32歳ですが、心のスタミナだけは若い選手に負けません。気持ちを前面に出した戦いを見てください!

▲BOUTkickboxingルール65kg契約3分3ラウンド(肘有)
・パッカシット・ウィラサクレック(画像左)(WSR札幌)
・久保雅哉 (PHONEX)

WSR札幌・木戸会長のコメント:いつもそうなんですが、相手のことは関係ないんです。自分らしい戦いをするというだけですね。あとは試合を楽しむこと。頭を丸めているのは、今回に限って気合を入れたわけではなく、単に暑くなってきたからでしょう(笑)。

▲RISE公式戦54kg契約3分3ラウンド
・拓也(画像左)(RRC2016バンタム級優勝・蹴空ジム)
・亜月(秀晃道場)

拓也のコメント:映像を見ましたが、噛み合わないタイプですね(笑)。自分の持ち味をいかに出せるかが勝負のカギだと思いますので、自分の良さをどんどん出していきたい。あとはディフェンス面をレベルアップしてきた。そこにも注目してほしい。

亜月のコメント:拓也選手?見たことも聞いたこともない。遠征には慣れているので地方での試合も問題はない。アグレッシブさが俺のウリ。明日は俺が一番会場を沸かせる試合をする!

▲BOUTkickboxingルール59kg契約3分3ラウンド
・熊谷麻理奈(画像左)(全日本ボクシング選手権2012準優勝・WSR札幌)
・未奈(秀晃道場)

熊谷のコメント:先日の中国での相手が未奈選手と同じタイプだったので、その意味では収穫がありました。トレーナーのパッカシットから秘策を授かっているので、明日はその技を出せればいいですね。

未奈のコメント:注目してほしいところ?顔ですかね(笑)。というのは冗談で、ガンガン前に出るラフファイトを見てください。勝って美味しい海鮮を食べて帰ります。

▲今回のBOUT-27:ISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦のパンフレットは、会場にて¥500円で販売される。世界戦にふさわしくプロのデザイナーに発注した豪華な内容。スポーツライター・布施鋼治氏による特別コラム・インタビューなど、ここでしか読めないコンテンツが魅力。特にコラム「BOUTとは何か?」は第一回大会から観戦しているファンにとっては感慨深いものとなっている。事情により部数が限られているため、お早めにお求め頂きたい。早い者勝ちだ。

▲RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
・北濱精悦(画像左)(極真2008年世界大会優勝 ・TARGETSIBUYA)
・秀樹(新宿レフティージム)

北濱のコメント:前回の大地戦から心・技・体すべての面でレベルアップしています。秀樹選手のような強い選手と組んでいただいたお陰で、ハードな練習にも耐えてこれました。明日はディフェンスから反撃する流れに注目してほしいです。

秀樹のコメント:北濱選手の印象?蹴りが多彩といったところでしょうか。映像も見て、対策もバッチリ。距離のとりかたに気をつけて、自分の良さを出していきたいです。

▲RISE公式戦スーパーライト級3分3ラウンド
・大地(画像左)(蹴空ジム)
・前田将貴(RIKIX)

大地のコメント:オープニングファイトが終わっての第一試合なので、最初から観客を沸かせますよ。前回の試合で判定には向いていないというのが判ったので、KOしか狙わない。楽しみにしていてください。

前田のコメント:(身長差に関しては?)やりづらい部分はあると思いますが、練習してきたことを出せれば問題ないと思います。パンチを磨いてきたので、パンチでのKOを狙っていきます。

▲BOUTkickboxingルール72kg契約3分3ラウンド
・長谷川豊(画像左)(KFGURAWA)
・白岩昭人(Grabs)

長谷川のコメント:白岩選手はカラダが大きいと聞いているので、力負けしないように練習して来ました。明日は手数が少なくなることに注意していきたい。チャンスがあればKOを狙う。

白岩のコメント:仕上がりは上々です。技術的には左の技を使って距離をとるようなケースを重点的にやってきました。とにかく気持ちを前面に出してぶつかっていきたい。応援よろしくおねがいします!

▲BOUTkickboxingルール52.5kg契約3分3ラウンド
・山田忠洋(画像左)(WSR札幌)
・下野魁人(新宿レフティージム)

山田のコメント:一度対戦しているので(前回は引き分け)、戦い方のイメージは出来上がっています。連勝中なので、連勝記録を伸ばすことが最大のテーマです。会場の熱を下げないように精一杯やらせていただきます!

下野のコメント:前回は基礎体力のなさが気持ちの弱さにつながった部分がありますので、そこを重点的に克服してきました。今回は新宿レフティーから3人の選手が出場します。絶対に3人とも勝って帰ります!

▲RISE公式戦54.5kg契約3分3ラウンド
・加藤有吾(画像左)(RIKIX)
・末永愛土(蹴空ジム)

加藤のコメント:末永選手への対策?特にないですね。いつも通りに練習して、いつも通りに戦うだけ。アグレッシブに攻めるところが持ち味なので、明日はそこに注目して欲しい。

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。