3月6日開催・BOUT-22に追加対戦カード。拓也(蹴空ジム)が前座卒業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌 キックボクシング 拓也

3月6日、札幌コンカリーニョで行われる格闘技イベント「BOUT-22」に追加対戦カードが発表された。

追加カードは、拓也(写真左・蹴空ジム)vs 大羽理斗(ストライキングジムARES)RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド。拓也の魅力は”打ち合い上等”の突貫ファイト。試合の盛り上がりに関していえば、安心して観ていられる選手だ。リターンも早く、奥足へのローキックなども器用にこなす。

AKINORI、大地、畑中健太等々、有望選手には事欠かない蹴空ジムのなかでも、この拓也は当サイトからも特におすすめしたい選手だ。重点的に取り組んできた体幹トレーニングの成果もあり、軸の強いシュートボクサーとの初対決にも不安はないとみる。

対する大羽は若武者のイメージがあるものの、アマチュア時代から数えると、そのキャリアは拓也の倍にのぼる苦労人。

ストライキングジムARES所属だけに前に出る圧力はあるものの、これといって特徴のない選手。順当にいけば拓也の勝利はかたいが、楽観視できる試合ほど”魔物”が棲んでいる。昨年9月のBOUT-ZEROでは宮田敦仁(ストライキングジムARES)が、同じく蹴空ジムの大地に屈辱の秒殺KO負けを喫している背景もあり、ARES陣営としては雪辱を期しているに違いない。

さらに、今回から拓也は前座試合を卒業して本戦カードの仲間入りだ。開会式があれば、そこでも名前がコールされる。おめでたい話ではあるが、メンタル面のコントロールがむずかしい時期でもある。この次期を境に、路線を踏み外す選手を数多くみてきた。拓也には気を抜かずに階段をのぼってほしい。

尚、SRS席・A席はチケットぴあ分も含めてすべて完売。RS席は若干枚数のこっている。お早めにお求めいただきたい。

【ノースエリア格闘技イベント BOUT-22:全対戦カード】

▼試合順は未定:
RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
山田 忠幸(ウィラサクレック札幌)
坂田 慶悟(HAYATO GYM)

▼試合順は未定:
RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓 也(蹴空ジム)
大羽 理斗(ストライキングジムARES)

▼試合順は未定:
RISE公式戦ミドル級3分3ラウンド
広瀬 公俊(grabs)
飯田 翔大(HAYATO GYM)

▼第4試合:
RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI(蹴空ジム)
潔 人(リアルディール)

▼セミファイナル:
RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド延長1ラウンド
沙斗流(RISEバンタム級8位/ラビカラ)
山川賢誠(士道館札幌道場)

▼メインイベント:
ムエタイルール68kg契約3分5ラウンド
パッカシット・ウィラサクレック(ウィラサクレック札幌)
TETSURO(grabs)

【ノースエリア格闘技イベント BOUT-22: 開催概要】

日時:2016年3月6日(日)17時開場17時30分試合開始

主催:BOUT実行委員会 http://bout.jp/

場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

チケット料金:SRS7000円、RS席6000円、A席5000円(当日500円UP)

【チケット発売所】

・チケットぴあ:0570-02-9999 ※SRS席・A席は完売しました。
 Pコード831-171(セブンイレブン・サンクス店頭)

チケットぴあ販売ページへ

・他、各出場選手所属ジム

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

facebook_bnr

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。