蹴空ジムのエースが、満を持してBOUTへ出陣!! | 蹴空ジム・工藤公邦さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイターズ・インタビュー第1回は、KO至上主義で知られる蹴空ジムのエース・工藤公邦さん。プロ昇格をかけて、いよいよ北海道最大の格闘技イベント「BOUT」への参戦。現在の心境を聞きました。

kudo1

満を持してBOUT出陣!

格闘技イベント「BOUT」への初参戦が決まりましたね。率直な感想を聞かせてください。

お話をいただいた時は、めっちゃ嬉しかったです。前から出たいと思ってた舞台なんで。本当は去年のBOUTに出場するっていう話があったんですけど、僕のほうの怪我で流れちゃった経緯もありますから、なおさらですね。

対戦相手については、どういった印象を持っていますか?

総合格闘技の選手らしいので、パワー負けしないように気をつけていればなんとかなるかなって。打撃で負ける気はしませんね。

キックボクシング歴は何年になりますか?

3年です。もともと野球少年だったんですが、テレビでK-1を見たのがきっかけで始めたんです。その頃はアンディ・フグやレイ・セフォーに憧れていました。

実際にやってみると、やってもやっても理想に辿り着けないみたいなところがあって性格的に合ってましたね。追い求めてしまうっていうか・・・・、そこがキックの魅力だと思います。

その3年間でかなりの試合数をこなしていますね。印象に残っている試合があれば教えてください。

K&Kの高林選手にボコられた試合ですね。あの時は悔しくて悔しくて会場で泣いてしまいましたから。

でも、あの試合がバネになって変われたっていうか、自分を追い込むことを覚えました。

ボクシングやウェイトのジムにも通い始めて、競技会で優勝できるようになりましたから。ターニング・ポイントになった試合ですね。

現在は仕事よりも競技優先の生活を?

はい。今年あたりからそういった意識をもってやっています。以前、組まれる予定の試合があったんですが、実力差があるから工藤には重荷だっていう話になってご破算になったことがあるんです。

僕は逃げるのはイヤだったんで「やります」って言ったんですが、向こうサイドでは「工藤なら楽勝だ」っていう雰囲気が出来上がってたらしくて・・・・。だから、絶対に見返してやろうと思ってやってます。

その気持ちが東京の遠征試合に繋がったわけですね。

はい。カミナリモンの東京大会でHAYATOジムの選手と戦ったんです。KO勝ちが多くて、向こうのジムのエース的存在の選手だったんですが判定でいいところまでいきました。

あの試合で手応えをつかんだっていうか、「かなわないな」とは思わなかったですね。大きな自信になったと思っています。今、同等のレベルの選手とやったらおそらく負けないんじゃないかな。

kudo2

エースの自覚を持って

キックボクシングを辞めようと思ったことはないんですか?

以前、機会に手の指を巻き込んじゃって複雑骨折したことがあるんです。医者から「切断もありえる」と言われたときは辞めようかと思いました。その後も怪我が重なって、試合どころか練習もできない時期が何ヶ月も続いちゃって。さすがに心が折れそうになりましたね。

復帰を支えたものはなんでしたか?

自宅で悶々としているときに、蹴空ジムの伊藤代表が何度もDVDを届けてくれたんです。「身体を動かさなくてもできることはたくさんあるぞ」みたいなメッセージを感じて、「ここで辞めていいのか!」って思えたんです。

飲みに行ったときなんかも、伊藤代表が仰るんです。「工藤がいなかったらジムを畳んでた」って。そういったお気持ちには感謝してるし、応えていきたいなって思います。

先日行われたプロ格闘技興行、「バトルミックス」にも参戦されてますね。お金を払って見に来た観客を前にしてプレッシャーは感じましたか?

いえ、なんにも(笑)。そういうところはマイペースなんですよ。観客の期待や雰囲気とかに流されたことはないです。

でも、伊藤代表はそれじゃダメだと。「エースの自覚をもってKOを意識しろ。おまえが背中を見せて後輩を引っ張っていかなくてどうする」 って怒られます。

確かに同門の谷川さんはKOが多いのに「どうしておまえはKOできないんだ」って言われると辛いですね。今度のBOUTではそういったところが課題じゃないかと思っています。

刺激をうける選手はいますか?

う~ん・・・、憧れてるっていう意味では、ロンドンオリンピックに出場する鈴木選手ですね。K&Kボクシングクラブの選手にも刺激をうけます。大場さんとか羽田さんには早く追いつき追い越したいです。あとは同じジムの谷川さんにも負けたくないんで、スパーリングはガチでやっちゃいますけど(笑)

キックボクシング以外にやってみたいことは?

今のところはなにも。そんなに器用なほうじゃないんで。キックボクシング以外の楽しみといえば、選手仲間で飲みに行くことですかね。

どのような選手に成長していきたいですか?

難しいですねぇ・・・。現状は気持ちで戦うほうだとは思うんです。テクニックがあるとは思ってないんで(笑)。最近のK-1でも山本優弥選手みたいな気持ちで戦う選手が好きですしね。でも、ゆくゆくはじっくりと相手を観察して試合を組み立てられる選手になりたいです。

kudo3

【工藤公邦プロフィール】1989年、北海道紋別市出身。2009年のチャレンジカラテトーナメントのグローブ空手部門・軽中量級で優勝し頭角をあらわす。このインタビュー記事の公開後には、メジャー団体「J-NETWORK」主催のアマチュア全日本選手権を制覇。好戦的なファイトスタイルでKO率も高く、プロ昇格後の活躍が期待される。趣味は飲み歩き。

蹴空ジムでは会員を随時募集中です。詳しくは蹴空ジムの公式WEBサイトへアクセス!

Photo & Text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。