続々・BOUTに現れたアナキン:BOUT-21 山川賢誠 vs 畑中健太戦を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook_bnr

2015年12月6日に行われた高額賞金トーナメント「カリア Presents Northen Supernova 2015」での準決勝第二試合・山川賢誠(札幌道場)vs 畑中健太(蹴空ジム)の一戦。事実上の決勝戦と目された一戦だ。

一回戦で兄貴分・永山敬之が壮絶に散った。動揺を隠せない山川の表情は硬い。対して、一回戦のKO勝利で完全に波に乗った畑中。両者がリング中央に歩み寄った際、畑中は満面の笑みをみせる。

畑中のこの笑みが厄介だった。対戦相手はつられて笑みを返す。この瞬間、神経戦のペースが大きく畑中に傾いてしまうのだ。かりにプライベートで親交があったとしても、笑みを返してはならない場面だった。この日、畑中とリング中央で対峙した選手のすべてが「イヤだな」と、言いようのない不安を感じたに違いない。

1Rは山川ペースだったように思う。パンチにつきあわず、丁寧に内腿ローをヒットさせ、畑中の出鼻を挫いた。カウンターを合わせるための”チャンネル合わせ”は、参加選手のなかでは山川が抜群の能力をもっている。1R終盤にさしかかる頃には、右フックのタイミングを掴んでいるようだった。

しかし、この才能が裏目にでる。1R終了間際、右フックをヒットさせた山川は、左ストレート、右フックとたたみかけた。下の連続写真はそのときのものだ。畑中の身体がくの字に曲がり、いい感触でヒットしたことが伺える。

hatanaka_vs_yamakawa_2hatanaka_vs_yamakawa_3hatanaka_vs_yamakawa_4hatanaka_vs_yamakawa_5

山川はこの瞬間に「パンチでいける」と思ってしまったのかもしれない。蹴りで攻めることが陣営からの指示であったにもかかわらず・・・。2Rにはいると、早速パンチで切り込むタイミングを伺う山川。

そして開始30秒付近で事件はおきた。畑中のハイキックをスウェイでかわした山川は、すかさず左ストレートをヒット。この当たりが非常によかった。

つづけてパンチでダメージを与えたい山川の右フックと、畑中の右ストレートが交錯する。このとき山川の動きに一拍の間ができた。畑中の右が効いてしまったのか、気を取られただけなのかは定かではない。

この一拍の間に、畑中の返しの左フックを被弾した。下の連続写真でもわかるように、前のめりに倒れる危ないダウンだ。

hatanaka_vs_yamakawa_6hatanaka_vs_yamakawa_7hatanaka_vs_yamakawa_8hatanaka_vs_yamakawa_9

試合後、山川が「なぜパンチでいったんだ!」と詰られたことは想像に難くない。しかし、KOの神様が乗り移ったこの日の畑中に、真っ向から打ち合いを挑んだのは山川だけだ。もともと、畑中よりも一階級下の選手であるにもかかわらず、兄弟子・永山の仇をとりにいった山川を大いに評価したい。

それにしても畑中である。まったく恐ろしい選手が現れたものだ。決勝戦では出口智也に敗れはしたものの、それは一回戦&準決勝の壮絶KOを目の当たりにした出口が警戒を強めたからであって、当初の予定通り一回戦で戦っていれば結果はわからない。

昨年10月にトーナメントの開催が発表されると、当サイトでもそれを伝える記事を書いた。使用した煽り画像に畑中の顔はなかった。特に他意はなく、単に彼の存在を忘れていた。筆者の中ではその程度の存在だったのである。

しかし以前、蹴空ジムの某関係者に「一番期待する若手選手はだれか」と問うと、「畑中健太です」と答えていたことを今になって思い出した。

BOUTに現れた新星・畑中健太。その畑中を映画スターウォーズに登場するアナキン・スカイウォーカーにたとえた。ヨーダをも超えるほどのフォースを秘め、善良で純粋な心を持ったアナキン。同時に、気性の激しさや、ダークサイドに足を突っ込む内面的な脆さも内包している。そのイメージがリングを舞う畑中と一致した。

”優等生”ルークよりもアナキンに人気が集まるのは、そういった”影”の部分を持っているからにほかならない。優等生キャラが台頭していたBOUTにおいて、まったく新しいタイプのヒーローが誕生する予感。はたして、畑中は”選ばれし者”となるのか?

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。