出口智也が関口を粉砕。リベンジならず:BOUT-21

スポンサーリンク



ノースエリア格闘技イベント BOUT-21
カリア Presents Northen Supernova 2015
2015年12月6日(日)札幌市・琴似コンカリーニョ

準決勝第1試合3分3R延長1R
出口智也(忠和會)
関口直正(パラエストラ札幌)
勝者:出口 1R 2’00 TKO

関口、雪辱ならず。無念のタオル

序盤手足の長い関口から仕掛ける、是非とも先手を取りたいところ、左から積極的に仕掛ける。一方の出口はいたって冷静、見事な身体バランスでそれらを巧みにかわす。関口、1,2パンチで応戦、きっかけを掴みたいが徐々に出口の右ローがヒットしだす。これに対してパンチを繰り出すが、ほとんど見切られてしまう関口。

出口の上下のコンビネーションが冴えてくる、練習どおり、パンチの重さも生きている。ロープに追い詰めると一気にラッシュをかける、これにはガードするので精いっぱいの関口、反撃試みるもバックステップで見事にかわされる。

コンビネーションにおいては出口が1枚も2枚もうわて、防戦一方になった関口、顔面への右ひざからパンチの嵐を浴びボディへのとどめでそのままマットに落ちる。セコンドからタオル投入。試合後関口をねぎらう出口、やさしさも一流ファイターだ。

IMG_6032sIMG_6037sIMG_6069sIMG_6077s

出口、敗戦をバネに再スタート

トーナメント前にプロ初黒星を喫し、連勝記録がストップした出口。緊張で頭が真っ白にならず、極めて落ち着いてリング上に向かうことを常に意識し、今回参戦することを機に再スタートを切りたい。そう感じさせる試合ではあった。

終始相手にペースを握らせず、冷静に自身の距離で戦うことに重点を置いていたようにも見えた。右パンチに絶対的自信を持つ事から、下半身の強さにも目を見張るところがある。パンチは足で、背中で打てとよく言うが、まるでお手本のような選手だ。

気を使っているところはないと直前インタビューでも語ってるが、スパーリング以外にも身体能力を向上させるトレーニング(カーディオやウエイト、バランスを保つ等)を基礎に望んできたことも推察できる。

ガードは常時高く、攻撃直後のディフェンスもかなりのテクニックである。相手の距離に容易に入らないことも上手く微調整している。関口は自分の長所を出せるところがあまりなく、長い手足を生かしきる前に出口のペースにはまったという印象を強く受けた。

IMG_6094sIMG_6141sIMG_6138sIMG_6166s

関口の伸びしろにも期待

このようにオーソドックスに構える相手に対した有効策のひとつは思いきってスイッチし、逆の対角線の奥足を攻めて見るのも場合によっては突破口になるかもしれない。もちろん先にジャブなどでフェイントを混ぜるのは言うまでもないが、注意を逸らすことによって従来の関口の戦い方に生きてくるかもしれない。

大昔ベニーユキーデという選手がそうであったように。彼のダブルジャブから相手に悟られることなく、スイッチする様は現代のキックでも十二分に通用するテクニックだと思う。首相撲のないルールは上背のある選手にとっては極めて不利であることから、接近した際がカギになる。ましてやこの距離は出口の絶好のテリトリーになるためできるだけ避けたい。

前蹴りやストレートの膝をこだしにして入ってこさせないようにし、ややトリッキーではあるが飛び膝やバックハンドブロウも時には試みてみるのもいいだろう。いずれにせよやはり前後、左右とも、すばやいフットワークが求められるのは確かだ。小さく動きのすばやい相手に対してはそれ以上の“耐える”身体能力が求められるので容易ではないが関口の潜在能力を前面に引き出す努力を期待し、今後の彼に是非とも注目していただきたい。

スポンサーリンク




写真提供:BOUT実行委員会
text:Jack Frost
photo:山田タカユキ

The following two tabs change content below.

JACK FROST

196○年生まれ。80年代にプロキックボクサーとして活躍。引退後は某総合格闘技ジムにて選手の育成に携わる。MMA禅では、おもにBOUTのレビュー記事を執筆。道外在住。