パンクラス札幌大会ダイジェスト:2018年5月13日

※こちらの記事は作成途中です。
パンクラス札幌大会
2018年5月13日(日)札幌市・琴似コンカリーニョ

”世界標準”を掲げる日本MMA界の雄・PANCRASEの札幌大会。

メインでは道内勢期待の後藤丈治(P’s LAB札幌)が、杉山廣平(SPLASH)のスリーパーにより1RTKO敗に散ったものの、堀米克弥(パラエストラ札幌)、立花恵介(スーパータイガージム田中塾※道内出身)らが圧巻の一撃KOを演出し、盛り上がりとしては一応の面目を保った形だ。以下に大会の模様をダイジェストでお届けする。

メインイベント

▼2018年ネオブラッドトーナメント一回戦
フライ級3分3ラウンド

後藤丈治(P’s LAB札幌)
杉山廣平(SPLASH)
※勝者:杉山 1R 2:42、TKO(RNC)

セミファイナル

▼ストロー級3分3ラウンド
藤田成保(T-Pleasure)
平賀正孝(TEAM URESPA)
※勝者:藤田 3R 3:00、判定/3-0

第三試合

▼バンタム級3分3ラウンド
堀米克弥(パラエストラ札幌)
久保田源三(SPLASH)
※勝者:堀米 1R 2:49、TKO(パンチ)

第二試合

▼フライ級3分3ラウンド
黒石大資(スカーフィスト)
立花恵介(スーパータイガージム田中塾※道内出身)
※勝者:田中 1R 0:12、TKO(パンチ)

第一試合

▼キャッチレスリングフェザー級3分2R EX1R
五ノ井武(DUROジム※函館出身)
山本敦章(パラエストラ千葉)
※勝者:五ノ井 EXR 3:00、判定/3-0

オープニングファイト

▼エキシビジョンマッチ3分1ラウンド
武田光博(ベラトレオ函館)
アローイ石橋(パラエストラ札幌)
※エキシビジョンにつき勝敗はなし

札幌大会ダイジェスト

▲PANCRASEの公式戦をはじめ、打撃系のビックイベントでもレフェリーを務める梅木よしのり氏。20年以上のレフェリング歴を誇るベテラン勢が、昼間のアマ大会「ケージファイト」からレフェリーを務めるのも札幌大会の特徴。レフェリングの技術を見るだけでも価値がある。

▲まだまだ歴史の浅いMMAというスポーツ。20年後には後遺症で悩まされる元選手が続出しているに違いない。札幌大会では昼間のアマ大会から国立大出身のドクターが常駐。選手の安全面に投資を惜しまないのも同大会の特徴だ。

▲セミファイナル前には、前日に開催されたROAD FC北京大会に参戦した熊谷麻理奈が帰国の挨拶。眼帯姿が痛々しい。まずはゆっくり休んでほしい。

ラウンドガールは猪股聡子さん▲ラウンドガールを務めたのはお馴染みの人気モデル・猪股聡子さん。最近はモデル業のほかに司会者としても定評がある。USTREAM大賞を受賞した人気番組Step!Nextも健在。

▲メインで一本勝ちをした杉山廣平(SPLASH)。試合後に勝因はなにか?と尋ねると「家族をはじめ、大勢の応援団が札幌まで駆けつけてくれたこと」と嬉しそうに笑った。横では奥さん(お母さんかも)が安堵の表情。このあとジンギスカンを食べに行くとのことだった。

▲閉会式ではパンチでの一撃KOで会場を沸かせた堀米克弥(パラエストラ札幌)が挨拶。嬉しい嬉しいプロ初勝利を果たした喜びを爆発させた。苦労人の感動ファイトに観客は酔いしれた。

▲地元エースでありながら無念の一本負けを喫した後藤(中央)が閉会式にも出席。これはなかなか出来ない芸当だ。応援団からは「丈治弱すぎ!」「彼女が泣いてるぞ!」などの激励(?)の声が。ありきたりな慰めの言葉よりも、このほうが有り難かったに違いない。

写真提供:PANCRASE札幌大会事務局
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
error: IPアドレスを記録しました。