BOUT-28ダイジェスト:AKINORIがパッカシット越え達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノースエリア格闘技イベント BOUT-28
2017年9月3日(日)札幌市・コンカリーニョ

BOUTの会場へいくと、必ず受付にいる二人の女性。通称「BOUTシスターズ」だ。

会場の外にいる彼女達は、会場内にいる我々よりもイベントの盛り上がりには敏感である。試合が見えないだけに、中から聞こえてくる歓声の大きさで、会場の盛り上がりを量るからだ。

そのBOUTシスターズがイベント終了後に「一体、どんな試合だったんですか?」と筆者に聞いてきた。過去に体験したことのない会場内の盛り上がりを肌で感じたらしい。

道内きっての人気選手であるパッカシットとAKINORIが雌雄を決した大一番は、フルラウンドの激闘の末、AKINORIがパッカシットを2-0の判定で下し、感動的なフィナーレを飾った。

近年稀にみる盛り上がりをみせた今大会を、簡単ではあるがダイジェストで振り返ってみたい。

メイン・イベント

▼BOUT KICKルール65㎏契約3分3R
・パッカシット・W(WSR札幌)
・AKINORI(蹴空ジム)
勝者:AKINORI 判定2-0

戦前から多くの注目を集めた大一番。識者による勝敗予想では大方がパッカシット勝利と予想したが、誰一人として正解者はおらず、面子まるつぶれといったところだ。とくに最も過激な予想をだした筆者に至っては、AKINORIのファイトに脱帽するほかなく、この場をもってお詫びする次第である。

試合を振り返ってみよう。1R、先手を取ったのはAKINORIだ。アウトローキックが抜群のタイミングでヒットした。平静を装うパッカシットだが、ラウンド中盤には早くも蹴り足を掴みにいく。嫌がっている証拠だ。

このローキックをカットしなかった事が、パッカシット敗北の遠因だったと筆者はみる。ラウンド終盤、早めに勝負をつけたいパッカシットが動く。組んでヒザ、飛んでヒザ、怒涛のヒザ攻撃。身体をくの字に曲げて耐えるAKINORIに、明らかなダメージを感じた。一気に畳み掛けたいところだったが、パッカシットは詰めることができなかった。ここが勝負の分かれ目だったように思う。

2Rに入るとAKINORIの右ローキックがパッカシットの脚を変色させる。苦悶の表情をうかべ蹴り脚を掴みにいくシーンが目立つパッカシット。掴みにいけばパンチをもらう。パンチを警戒すればローがくる。ヒザにいけばカウンターが待っていた。スタミナ勝負に突入するなかで、試合は徐々にAKINORIペースに傾いていった。

最終ラウンドは完全にAKINORIのラウンド。何度もロープに詰めて連打を見舞った。パッカシットも手数は出したが、それは印象点をカバーするもので、より殺傷力のある攻撃を繰り出していたのはAKINORIだ。

今回はBOUTルールで行われたが、ルール云々よりも「どちらがよりダメージを与えたか」という原点にもどって考えれば、AKINORI勝利は妥当であったろう。

セミ・ファイナル

▼BOUT KICKBOXINGルールバンタム級3分3ラウンド
・がんばれ!ふるかわくん(GRABS)
・大崎草志(STRUGGLE)
勝者:大崎 2R KO 0’56

以前から参戦を噂されていたムエタイキラー・鈴木秀明氏率いるSTRUGGLEが、ついにBOUT初参戦。道内の玄人ファンにも感慨深いものがあったはずだ。

この日の大崎は、前日計量でみたガチガチに緊張していた男とは別人だった。水を得た魚のように、のびのびとリングを舞う。試合は2Rに大崎の放った左ストレートによって、ふるかわくんが壮絶に散った。

この大崎については今回がデビュー戦という情報もあったが、間違いだったのではないか。思い切りのいい蹴り、スピードと伸びのあるパンチ。デビュー戦とは思えない力量を感じた。

ふるかわくんも調子が悪かったわけではなかろうが、相手が悪かったと諦めるしかない。それに、これはお世辞でもなんでもなく、十分にスリリングで見応えのある試合だった。

負けて褒められるのも変かもしれないが、立派にセミ・ファイナルの仕事を果たしたと思う。プロとして恥ずべきものはなにもないだろう。

第三試合

▼RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
・末永愛士(蹴空ジム)
・池田進人(フリー)
勝者:末永 3R KO 1’01

正直、前日計量で池田がみせた決意みなぎる表情から、いかに天才児・末永といえども、今回は苦戦するのではないかと予想したが、モノが違った。とにかく、末永の目の良さと集中力が際立った一戦だった。

1R、池田が得意の蹴りで積極的にでる。空手出身の池田の蹴りは、変則的で見切りづらいはずだが、なんなくスウェイでかわす末永。蹴りが当たらないとみるや、パンチに切り替えて圧力をかける池田。

このあたりの圧力も強引かつ素早く、一瞬やりづらそうな表情を見せた末永だが、ラウンド終盤にはカウンターのタイミングを掴んでいる様子だった。この天性の勘は、山川賢誠のそれを凌ぐのではないか。

2Rに入ると、池田が一方的にロープを背負う展開。末永は、まるで予定されていたかのように淡々とパンチでダウンを奪った。彼の凄いところはダウンを取ったら、そのまま倒しきれる能力を持っているところ。結局、3度のダウンを奪って連続KO勝利を達成した。

さらに特筆すべきは、その殺傷力だろう。BOUT-27での相手方のタオル投入は、ナイスなタオル投入だった。今回も早い段階でのタオル投入でも良かったのではないか。

第二試合

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
・北濱精悦(TARGETSIBUYA)
・嶋田将典(StayGold)
勝者:北濱 KO 1R 2’24

北濱が前回の屈辱を見事に晴らした。対戦相手は非常に好戦敵なファイターとして知られる嶋田将典。前日計量の時点から「自分の蹴りに注目してほしい」と話していた嶋田は、ゴングと同時にミドルを中心に圧力をかける。

しかし、序盤で蹴り合いに持ち込めたのは北濱にとっては幸運だった。蹴りの相打ちになると、パワーで勝る北濱が蹴り勝ち、嶋田がしりもちをつく展開が多くなったからだ。北濱に気持ちの余裕が出始めたように感じた瞬間、結末は突然に訪れた。

筆者が見ていた方向からは角度が悪く、なんの技で決まったのかは定かではないが、パンチでダウンしたように見えた。うつ伏せでしばらく起き上がってこなかったことを考えると、ボディが効いて倒れたのかもしれない。とにかく、カウント途中でレフェリーが試合をストップする圧巻のKO劇だった。

前回はまさかの1Rノックアウト負けを喫したが、それを帳消しにする値千金の1Rノックアウト勝利。キック転向3戦目にして北濱らしい北濱が帰ってきた。

第一試合

▼BOUTKICKBOXINGルール67㎏契約3分3ラウンド(肘有)
・神代雄太(大道塾吉祥寺支部)
・滝口幸成 (WSR幕張)
勝者:滝口 2R TKO 1’23

北斗旗の体力別王者・神代がまさかのTKO敗。2Rにヒジで切られて、あっという間に散った。立ち上がりでセコンドから「相手、ヒジ狙ってるぞ」とのアドバイスが飛んだが、滝口のヒジをかわしきれなかった。

それにしても勝者の滝口は、前日の計量時までは「勝てないのはわかってるけど、なんとか善戦したい」といったニュアンスだったのである。しかしリング上でみせた彼の肉体は、そう言ってはいなかった。筋骨隆々の滝口の脚。そこから放たれるローキックに北斗旗の王者は何度もバランスを崩した。

上半身と下半身の連携がちぐはぐで、いつもの神代の動きではなかった。さしずめ、キックデビュー戦に棲む魔物が牙をむいたといったところか。ストップが宣告されたとき、セコンドについた飯村氏が発した断末魔の声が印象的だった。

いずれにしろ、このまま引き下がるのは大道塾王者のプライドが許さないだろう。BOUTにまた、新たなストーリーが生まれたといえる。

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。