BOUT-27・TOMONORI 対 エヴァン・ジェイズ | ISKAムエタイフライ級王座決定戦(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月11日開催:BOUT-27
▼メインイベント
ISKAムエタイ世界フライ級王座決定戦3分5R

・TOMONORI(キック7冠王/OGUNIGYM)
・エヴァン・ジェイズ(同級世界4位・イギリス)
勝者TOMONORI:判定3-0
※TOMONORIが新チャンピオンに

エヴァン陣営、まさかの体重オーバー

日本が世界に誇るタイトル・ホルダー、TOMONORIと、英国のムエタイ・エリート、エヴァン”ザ・エスター”ジェイズで争われたISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦は、エヴァン陣営の計量失格によってTOMONORIが勝利した場合にのみ、王者が誕生する形でおこなわれた。

この世界戦の前日計量の模様は「エヴァン・ジェイズ、計量失格の舞台裏」という記事を別途用意するので、そちらをご参照いただきたい。

体重オーバーのペナルティとして、エヴァン陣営にはグローブハンデと減点2からのスタートが課せられたが、TOMONORI陣営が断固として拒否。グローブハンデも減点もない状態で雌雄を決することとなった。

この記事では本戦のレビューに移る前に、選手の会場入りから調印式までの流れを写真とともにお届けしたい。

▲この日、先に会場入りしたのはエヴァン陣営。帽子を深めにかぶり、ミステリアスな雰囲気を漂わせていた。

▲世界戦のルール説明。このあと雲隠れするのがTOMONORI流だが、この日は専用の控え室を与えられたため、終始控え室でリラックスしていた。

▲大会パンフレットにサインをするエヴァン・ジェイズ。こういったことは嫌いではないらしく、嬉々としてサインをしていた。

▲今回の世界戦をさばく北尻レフェリー(中央)とともに。右端はエヴァンのセコンドで来札した、英国のチャンピオン製造所「ダブルKジム」のケラン氏。PHOENIX代表・加藤督朗氏とは「IKUSA」というイベントで対戦している。

▲同じくエヴァンのセコンドで来札したエヴァン・ジェイズの父親・サイモン氏。英国の一大イベント「ムエタイ・グランプリ」を主催する大物プロモーターだそうだ。

▲調印式はホテル・エミシアの一室で行われた。調印証にサインをするTOMONORI。

▲調印を終えての一コマ。左よりTOMONORI陣営のセコンド・ボー氏、TOMONORI、ISKA JAPANの中崎氏、エヴァン・ジェイズ、ケラン・ケトル氏。

なお、BOUT-27・ISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦の観戦記は前編・中編・後編にわけてお届けする予定。次回は中編、試合本戦を詳細レポートする。

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。