BOUT-27・TOMONORI 対 エヴァン・ジェイズ | ISKAムエタイフライ級王座決定戦(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月11日開催:BOUT-27
▼メインイベント
ISKAムエタイ世界フライ級王座決定戦3分5R

・TOMONORI(キック7冠王/OGUNIGYM)
・エヴァン・ジェイズ(同級世界4位・イギリス)
勝者TOMONORI:判定3-0
※TOMONORIが新チャンピオンに

白銀に輝くISKAのベルト

日本が世界に誇るタイトル・ホルダー、TOMONORIと、英国のムエタイ・エリート、エヴァン”ザ・エスター”ジェイズで争われたISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦を前編と中編で振り返ってきた。

今回の後編ではリング上で行われた戴冠式と、新チャンピオンの控え室での様子を写真とともにお届けしたい。まずは戴冠式の模様から。

▲ISKA JAPAN東京オフィスの中崎氏が、TOMONORIを新チャンピオンとして認定する旨を読み上げる。

▲ベルトの授与は現RISE代表で「ミスター・キックボクシング」の名で愛された名キックボクサー・伊藤隆氏から。小声でなにかを囁いていたが・・・・?

▲こちらが白銀に輝くISKAのベルト。TOMONORIが獲得してきたベルトのなかでも、ひときわゴージャスな作りだ。

▲左から、試合を捌いた北尻レフェリー、TOMONORI、伊藤隆氏、ISKA中崎氏、セコンドについたボー氏、ラウンドガールの猪股聡子さん。

▲最愛の子供達と一緒に。TOMONORIの右隣にいるのが、エクスプロージョンの全日本タイトルを獲得した勇波くん。

▲盛り上がりに欠けたメインイベントを詫びるTOMONORI。中編の試合レビューで説明したとおりTOMONORIに責任はないのだが。

▲終了後はTOMONORIとの記念撮影を希望するファンが殺到。フォトセッションは1時間以上に及んだ。

▲控え室にもどったTOMONORI。バンテ-ジをはずしている方は、OGUNIジムの名参謀・近藤さん。ここ一番という試合には必ず駆けつけている。

▲新聞社の取材に応じるTOMONORI。ベルトが無造作に床に置かれているのが、名うてのタイトルホルダーらしい。この試合の模様は翌日の大手スポーツ紙に大きく掲載された。

▲ベルトを手にはしゃぐセコンド陣。腰に巻いてお互いに撮ったり撮られたり。仮面ライダーの変身ベルトに夢中になった少年そのもの。

▲全員で記念撮影。左よりTOMONORI御用達の整体師・宮下さん、OGUNIジムの近藤さん、TOMONORI、GRABSの米山トレーナー、TMONORIの盟友・佐々木さん、GRABSの白岩選手。

以上、ISKAムエタイ世界フライ級王座決定戦の後編ということで、戴冠式から控え室での様子までをお届けした。次回はエヴァン陣営の計量失格により、試合前のアップロードがボツとなった「BOUT-27:前日計量の舞台裏(ISKA世界戦編)」をお届けする。

「BOUT-27・TOMONORI 対 エヴァン・ジェイズ | ISKAムエタイフライ級王座決定戦(前編)」はこちら→

「BOUT-27・TOMONORI 対 エヴァン・ジェイズ | ISKAムエタイフライ級王座決定戦(中編)」はこちら→

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。