6月28日開催:ISKA世界戦の全貌 | BOUT-27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

grabs

昨年9月に行われた、札幌在住のキックボクシング世界王者・TOMONORIのWBCインター王座獲得祝賀会。

壇上において、格闘技イベント「BOUT」の小掘プロデューサーがぶち上げた今夏のビックマッチ構想を覚えておられるだろうか。

今回はそのビックマッチ構想の全貌が明らかになったのでお伝えしたい。

そのビッグマッチとは、6月開催のBOUT-27において行われるISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦である。

BOUT実行委員会より正式発表された対戦カードは以下のとおり。

▼ISKA世界ムエタイフライ級王座決定戦3分5R
▼TOMONORI(WBCムエタイインターナショナルフライ級王者、WBCムエタイ日本統一フライ級王者、WMCインターコンチネンタル・スーパーフライ級王者、UKF世界バンタム級王者/OGUNIGYM※札幌在住)
▼エヴァン”ザ・エスター”ジェイズ(ISKA世界ムエタイフライ級4位・Team Tieu/イギリス)

上記のとおり、世界的なメジャー団体「ISKA」のムエタイ世界戦というファン垂涎の対戦カードだ。

エヴァン・ジェイズとは?

「ザ・エスター」の異名をもつエヴァン・ジェイズは、空手を修行していた少年時代にジョン・ウェイン・パーのセミナーでムエタイにハマったという若手成長株。

キャリア10年となった現在は、元ルンピニー王者センマニー・ソーティエンポーを崇拝。イギリス人ファイターとしては珍しい正統派ムエタイ・スタイルを誇るテクニシャンだ。

彼のプロモーション映像をみる限りでは、それほどの迫力は感じさせないが、下に紹介する写真には複数のベルトとともに収まっている。アマ戦績では89勝13敗というレコードを持っており、謎の多い選手でもある。

また、バンコクのラムカムヘン大学に在学していた過去があり、ムエタイ修行を目的として進学したと考えれば、かなりの情熱の持ち主と考えてよさそうだ。

2015年に行われたBOUT-20でのISKA世界戦では、同じイギリス人のシルヴァが2度のダウンを奪った末にノックアウトでTOMONORIを下した。しかしその後、TOMONORIの身体に重大な故障があったことが判明。

専門機関で故障の治癒に専念したTOMONORIは、虎視眈々とこの世界戦の機会をうかがっていたのだ。治癒後の復調具合の良さは、昨年のWBCインター王座獲得の快挙が物語っている。

熱望していた生まれ故郷での世界戦で、屈辱のKO負けを味わった因縁のISKA世界戦。見事に雪辱を果たし、自身の格闘技人生最高のメモリアルにしてほしい。

BOUT-27では、この大舞台にふさわしい豪華対戦カードを数試合予定しており、早期にチケットが完売する可能性が非常に高い(現時点でもう残り僅か)。BOUTのチケットを購入し損ねた経験のある方は早めのご予約をお勧めする。

オススメは最速ネット購入>>

また、BOUT恒例となった昼間におこなわれるアマチュア競技会「KAMINARIMON札幌大会」は、今回は行われない。次回大会への参加をご検討いただきたい。

【BOUT-27:決定済み対戦カード】

▼ISKAムエタイ世界フライ級王座決定戦3分5R
・TOMONORI(WBCムエタイインターナショナルフライ級王者、WBCムエタイ日本統一フライ級王者、WMCインターコンチネンタル・スーパーフライ級王者、UKF世界バンタム級王者/OGUNIGYM※札幌在住)
・エヴァン”ザ・エスター”ジェイズ(Team Tieu/イギリス)

▼スーパーエキシビジョンマッチ2分2ラウンド
・那須川天心(RISEバンタム級チャンピオン・TARGET) .
・山川賢誠(RISEバンタム級8位・札幌道場)

▼RISE公式戦バンタム級3分3ラウンドEXR1ラウンド
・出口智也(RISEバンタム級6位・忠和會)
・津田鉄平(RISEバンタム級10位・新宿レフティージム)

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンドEXR1ラウンド
・AKINORI(RISEライト級7位・蹴空ジム)
・緒方惇(チーム緒方)

▼BOUTkickboxingルール65kg契約3分3ラウンド(肘有)
・パッカシット・ウィラサクレック(WSR札幌)
・久保雅哉 (PHONEX)

▼RISE公式戦54kg契約3分3ラウンド
・拓也(RISHING ROOKIESCUP2016バンタム級優勝・蹴空ジム)
・亜月(秀晃道場)

▼BOUTkickboxingルール59kg契約3分3ラウンド
・熊谷麻理奈( 全日本ボクシング選手権2012準優勝・WSR札幌)
・未奈(秀晃道場)

▼RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
・北濱精悦(極真空手2008年世界大会優勝 ・TARGETSIBUYA※小樽出身)
・秀樹(新宿レフティージム)

▼RISE公式戦スーパーライト級3分3ラウンド
・能登大地(蹴空ジム)
・前田将貴(RIKIX)

▼BOUTkickboxingルール72kg契約3分3ラウンド
・長谷川豊(KFGURAWA※札幌出身)
・白岩昭人(Grabs)

▼BOUTkickboxingルール52.5kg契約3分3ラウンド
・山田忠洋(WSR札幌)
・下野魁人(新宿レフティージム)

▼RISE公式戦54.5kg契約3分3ラウンド
・加藤有吾(RIKIX)
・末永愛土(蹴空ジム)

【ノースエリア格闘技イベント BOUT-27: 開催概要】

▼日時:2017年6月11日(日)15時開場16時試合開始
▼主催:BOUT実行委員会 TEL011-562-3291 http://bout.jp/
▼場所:ホテルエミシア3Fパレスホール
(地下鉄新さっぽろ駅9番出口より徒歩1分JR新札幌駅徒歩3分)
▼チケット料金 VIP20000 SRS12000 RS8000 A6000 ※当日1000円UP
▼チケット販売所チケットぴあ:0570-02-9999
(セブンイレブン・サンクス店頭 Pコード:835-377)
・ローソンチケット:0570-084-001Lコード12552
・Grabs:011-731-3232
・蹴空ジム:011-792-0821
・WSR札幌:011-231-5900
・BOUT実行委員会:011-562-3291
・他、出場選手所属ジム

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。