3月6日開催:BOUT-22 前日計量に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook_bnr

 いよいよ明日開催となった道内最大の格闘技イベント「BOUT」の第22回大会。前回、前々回につづき、今大会もチケットが早々とSOLD OUT。立ち見懇願のファンが続出するという事態に発展した。

それもそのはず、メインはgrabs移籍後絶好調のTETSUROが、ムエタイルール2戦目にして、ウィラサクレック札幌の門番・パッカシット・ウィラサクレック(タイ)に挑む注目の一戦だ。

はたしてTETSUROは、パッカシットの”魔人”ローキックをかいくぐり、一撃必倒のパンチをヒットさせることができるのか?本日は両者がしずかに火花を散らした前日計量の模様をお届けする。

▼メインイベント:
ムエタイルール68kg契約3分5ラウンド
パッカシット・ウィラサクレック(ウィラサクレック札幌)
TETSURO(grabs)

ウィラサクレック札幌の木戸会長とカメラに収まるパッカシット。イージーファイトだという認識はない様子。TETSUROはgrabsのTOMONORI会長と作戦会議。彼の”覚悟”が試合のカギか。

bout-22-wi2bout-22-wi3bout-22-wi5bout-22-wi22

▼セミファイナル:
RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド延長1ラウンド
沙斗流(RISEバンタム級8位/ラビカラ)
山川賢誠(士道館札幌道場)

減量に苦しんだ山川は、マスク姿でサウナから直行。フルヌード計量でようやくパスした。沙斗流は、元気で礼儀正しすぎるところが、かえって不気味。当サイト予想は山川のKO勝利。

bout-22-wi9bout-22-wi7bout-22-wi6bout-22-wi8

▼第4試合:
RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI(蹴空ジム)
潔 人(リアルディール)

ひさびさに登場のAKINORIは、負けられない試合が続く”綱渡り”の時期。苦しいトンネルだが、なんとか乗り切ってほしい。メイン、セミを喰う熱戦に期待。

bout-22-wi10bout-22-wi11bout-22-wi13bout-22-wi12

▼RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓 也(蹴空ジム)
大羽 理斗(ストライキングジムARES)

この日一番の仕上がり具合をみせた蹴空ジムの拓也。相手の大羽は、覇気があるのかないのか、掴みどころがない。こういったオーラの持ち主には要注意だ。

bout-22-wi14bout-22-wi15bout-22-wi16bout-22-wi17

▼RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
山田 忠幸(ウィラサクレック札幌)
坂田 慶悟(HAYATO GYM)

超合金マッスルの坂田が、しきりにアイコンタクトを取りたがるが、山田は華麗にスルー。山田の意地がみたい。HAYATO GYMのHAYATO会長(UKF世界スーパーウェルター級王者)も来札した。

bout-22-wi24bout-22-wi23

▼RISE公式戦ミドル級3分3ラウンド
広瀬 公俊(grabs)
飯田 翔大(HAYATO GYM)

両者ともに、師匠が世界チャンピオン。巨漢同士が繰り広げる代理戦争に、前座から会場のボルテージが上がること請け合いだ。

bout-22-wi18bout-22-wi19

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。