続・BOUTに現れたアナキン:BOUT-21 永山敬之 vs 畑中健太戦を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

facebook_bnr

参加選手中、一番のキャリアを持つ選手と、一番キャリアの浅い選手との対決。トーナメントの魔物は、まずこの試合に牙をむいた。

2015年12月6日に行われた高額賞金トーナメント「カリア Presents Northen Supernova 2015」での一回戦第四試合・永山敬之(札幌道場)vs 畑中健太(蹴空ジム)の一戦である。

戦前の優勝者予想では圧倒的に永山有利。裏を返せば、永山には「絶対に負けてはならない」という重圧があった。対する畑中は、自分に注目する識者は一人としておらず、負けてもともと、勝てば大儲け。畑中にとっては”おいしい”試合だ。より実力を出し切れる状況は畑中にあったといっていいだろう。

結果は畑中が3度のダウンを奪い、BOUT史にのこる壮絶KO劇を演じて見せた。1Rから”当たり”の強さをみせる畑中。スピード、キレともに永山を上回り、パンチがヒットするたびに「バスン」という鈍い音が会場に響きわたった。

今回の畑中の勝利を”まぐれ勝ち”と評する声もあるが、それは違う。畑中はすべての面で永山を上回り、世代交代を実力で証明してみせた。ダウンを奪った3度のダウンシーンを振り返ってみたい。

下の連続写真は1R、1度目のダウンシーン。永山の蹴り脚をキャッチした畑中は、そのまま右ストレート。しりもちをつくようにダウンする永山。

hatanaka_vs_nagayama_1hatanaka_vs_nagayama_2hatanaka_vs_nagayama_3hatanaka_vs_nagayama_4

そして2R、2度目のダウンシーン。ガードを固めて永山を誘う畑中は、永山の打ち終わりを狙って左フック一閃。ガクンと腰をおとす永山。膝をつくまいと踏ん張るが、バランスがとれず膝をついてしまう。”効いている”倒れ方だ。

hatanaka_vs_nagayama_5hatanaka_vs_nagayama_6hatanaka_vs_nagayama_7hatanaka_vs_nagayama_8

同じく2R、3度目のダウンシーン。永山の左フックに畑中はカウンターの右ストレート → かえしの左フックでタメをつくり → もう一度右ストレートを叩き込む → 永山の身体が空中で真一文字になるという壮絶ダウンシーン。

hatanaka_vs_nagayama_10hatanaka_vs_nagayama_11hatanaka_vs_nagayama_12hatanaka_vs_nagayama_13

写真で示したように、畑中の攻撃は狙い澄ましたものでラッキーパンチではない。2R序盤にはショートパンチの連打にもチャレンジする姿勢もみせている。このあたりに磨きがかかれば一層怖い存在となるだろう。

しかし、先にも書いたように今回のトーナメントでは畑中に注目した識者は皆無だった。それが畑中の反骨心に火をつけ、躍進をとげた原動力となった。他の選手は大なり小なり「勝たなければならない」という重圧を背負っていた。畑中にはそれがない。これは畑中にとって”楽”な状況設定である。

ハッキリ言ってしまえば、今後の畑中の格闘技人生において、今回ほど”楽”な設定は二度と訪れないということだ。名前が売れてしまえばハードルを課せられる。負けは絶対に許されない試合もでてくるだろう。そのときにどうするか?そこで畑中の真価が問われることになりそうだ。

次回はトーナメント準決勝・vs 山川賢誠戦を振り返る。

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。