直前インタビュー・AKINORI編:BOUT-ZERO 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zero5_akinorri

 いよいよ開戦!9月13日に迫ったBOUT-ZERO 5。直前インタビュー第4回は、メインで対抗戦の大将を務める、蹴空ジムのAKINORI選手が登場。対戦相手の小山寛樹には、”道産子キラー”の異名をもつ憂也がセコンドにつき、AKINORI対策はぬかりない。ビッグイベント「BLADE」参戦、麻原将平戦を経て、ひとまわり大きくなったBOUTの貴公子は、どのような戦いを見せてくれるのか?

──ブレイド参戦、麻原戦から学んだことは?

AKINORI:身体の軸の強さを感じましたね。あとは相手のスタイルに流されない事。キックボクシングであってもパンチ主体の選手など、いろんなスタイルの選手がいますが、それに無理して合わせない事ですね。どんなスタイルの選手でも自分のやりたいスタイルを貫く事が大事だなと改めて実感しました。

──メインイベンターはもう慣れましたか?

AKINORI:初めてメインで試合する時は緊張やプレッシャーなど感じてました。しかし、一戦一戦試合を経験していく事で、もうプレッシャーなどは感じてないですね。今は経験と共に自分が後輩に背中を見せ、北海道を盛り上げていくんだっていう気持ちが強いですね。

──今回の試合前の追い込みで、特に気を使ったところは?

AKINORI:鉄壁な守りとやはり身体の軸の強さですね。キックボクシングの練習と並行してフィジカルトレーニングを追い込んでやってきました。おかげ様でパワーがつきました。応援してくれる方もそろそろKOが見たいと思いますので。

──相手選手にどんなイメージをもっていますか?

AKINORI:気持ちが強い選手だと思います。関西の方は今回で4人目ですが皆さん気持ちが強かったですね。リングの上では1対1の闘いですから弱気になったら負けです。今回も気持ちの勝負になりそうですね!

──今回の試合、どんな流れをイメージしていますか?

AKINORI:自分はいつも前に出て打ち合うスタイルなので、お互いバチバチの打ち合いになると思いますが、パンチ、キック、ヒザ…どれでも倒せれると思ってますので、いろんなコンビネーションを使って相手を沈めたいと思います。

──試合当日は自分のどこに注目してほしいですか?

AKINORI:試合はまず入場から注目してください!入場曲がオリジナルでかっこ良く作ってもらいましたから、入場から最後のマイクパフォーマンスまで目を離さないでほしいです!相手を倒す瞬間、肝心な所見てなかった。など言わないでね?(笑)

──ファンに一言お願いします

AKINORI:試合は確かに勝敗も大事です。しかし、試合を見てもらった方から「最後まで諦めない姿に感動した!」など言ってもらう事が、何よりも一番やって良かったと感じる瞬間。また言ってもらう為に最後まで諦めず闘い、地元北海道を盛り上げていきますので熱い応援よろしくお願いします!

【9/13 BOUT-ZERO 5・全対戦カード】

◎RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI(蹴空ジム)  vs  小山寛樹(魁塾)

◎RISE公式戦80キロ契約3分3ラウンド
克(フリー) vs  兼田祐任(誠剛館)

◎RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓也(蹴空ジム)vs 政所 仁(魁塾)

◎RISE公式戦ウェルター級3分3ラウンド
TETSURO(grabs)vs KAZ JANJIRA(JANJIRAGYM)

◎RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
能登大地(蹴空ジム)vs 宮田敦仁(ストライキングジムAres)

【 BOUT-ZERO 】
日時:2015年9月13日(日)
17時開場17時30分試合開始

主催:BOUT実行委員会
TEL011-562-3291 http://bout.main.jp/
場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

チケット料金:RS席6000円 A席5000円 (当日500円アップ)
チケット発売所:チケットぴあ 0570-02-9999
Pコード:830-021 (セブンイレブン・サンクス店頭)

ライガーぼむ    011-764-0282
Grabs     011-731-3232
パラエストラ札幌  011-733-5301
蹴空ジム      011-792-0821
ケイワールド    011-712-1110
他、各出場選手所属ジム

大会詳細はBOUT公式ブログblog.bout.main.jp/

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

facebook_bnr

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。