直前インタビュー・拓也編:BOUT-ZERO 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zero5_aktakuya

 いよいよ開戦!9月13日に迫ったBOUT-ZERO 5。直前インタビュー第2回は、蹴空ジムの拓也選手が登場。軽量級らしからぬ迫力のあるファイトが話題を呼び、早くも対抗戦のメンバーに抜擢された拓也選手。予想外の大抜擢にモチベーションも最高潮。天敵・魁塾からの刺客を見事撃破できるか?

──対抗戦初オファーです。心境は?

拓也:最初知らされた時は正直、選ばれるとは思っていなかったので驚きでした。びっくりした後、すぐに嬉しさが込み上げてきて、モチベーションが一気に上がりました。やってやるぞと。

しかも相手は歳下ですが、かなりアマチュアでキャリアのある選手。そういった選手とマッチメイクをしてもらえるのは選手としては凄い嬉しいですね。

そして、この対抗戦のメンバーに選んで頂いたからにはその期待に応えなければいけない、北海道にもいい選手がいるということを道外の選手に知らせる良いチャンス。

もちろん、いつも気合いを入れて練習していますが、今回はいつも以上にかなり気合いを入れて練習してきました。仕上がりもばっちりなので試合が楽しみです。

──得意技もしくは得意なパターンは?

拓也:パンチの連打ですかね。軽量級ならではのスピードと回転力のあるパンチのラッシュが得意です。

──今回の試合前の追い込みで、特に気を使ったところは?

拓也:自分は55kgのバンタム級。55kgって誰が聞いても軽い階級だし、KOが少なくておもしろくないと言う人もいる。でも最近では那須川天心選手や武尊選手など、同じ階級でKOを量産している選手がいる。やっぱりお客さんはKOを観たいと思うんですよ。

だから僕もKOを観せたい。そのためにジムワークの前に毎日走り込みをしてスタミナを鍛え、それからジムでミットやスパーリングなどの技術トレーニング、そして週に一度、レッドコードなどのフィジカルトレーニングを行い、3分3R闘うスタミナと倒せる技術、パワーを養ってきました。あとはコンディショニングですね。

2年半前に千葉から一人で来て、そこから格闘技を初めて、やっぱり体は食べたものからできるので特に減量期間の食事や栄養にはかなり気を使いますね。他にも毎日銭湯や、僕が通っているスポーツジムのサウナや浴槽に入ることで、疲れ具合が全然違うということに気づきました。

やっぱり一人暮らしだとお湯を溜めるのがめんどくさいし、シャワーだけだと疲れは取れないですね。そう言ったコンディショニングをきちんとすることで毎日質の高い追い込みができました!

──相手選手にどんなイメージをもっていますか?

拓也:名前を検索するとすぐに関西のアマチュア団体のジュニアチャンピオンというデータが出てきました。他にもいろいろな大会に出ていて、試合慣れしているだろうなと。

小さい頃から格闘技をやっている選手は、強いのはもちろん、「上手い」というイメージですね。ジュニアの試合を観てると本当に上手な選手が多い。そして、間違いなく僕が今まで闘ってきた選手の中で1番強い選手。だからこそ気合いも入るし、ワクワクします。

──今回の試合、どんな流れをイメージしていますか?

拓也:そうですね・・・。こう組み立てていこうっていうのはある程度イメージしていますが、いつも通り動いて最後はしっかり倒すっていうイメージです。作戦は内緒です!笑

──試合当日は自分のどこに注目してほしいですか?

拓也:フィジカルトレーニングをやるようになってからかなりパワーがついたと思います。軽量級のスピードはもちろん、そこに僕のやってきたフィジカルトレーニングで養ったパワーを見てほしいですね。毎試合が僕の集大成という気持ちでやっているので。やってきたこと全てを相手にぶつけます!

──ファンに一言お願いします

拓也:必ず勝ちます!!これからも日々精進していくので、応援よろしくお願いします!!

【9/13 BOUT-ZERO 5・全対戦カード】

◎RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI(蹴空ジム)  vs  小山寛樹(魁塾)

◎RISE公式戦80キロ契約3分3ラウンド
克(フリー) vs  兼田祐任(誠剛館)

◎RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓也(蹴空ジム)vs 政所 仁(魁塾)

◎RISE公式戦ウェルター級3分3ラウンド
TETSURO(grabs)vs KAZ JANJIRA(JANJIRAGYM)

◎RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
能登大地(蹴空ジム)vs 宮田敦仁(ストライキングジムAres)

【 BOUT-ZERO 】
日時:2015年9月13日(日)
17時開場17時30分試合開始

主催:BOUT実行委員会
TEL011-562-3291 http://bout.main.jp/
場所:コンカリーニョ(JR琴似駅直結※駐車場無し)

チケット料金:RS席6000円 A席5000円 (当日500円アップ)
チケット発売所:チケットぴあ 0570-02-9999
Pコード:830-021 (セブンイレブン・サンクス店頭)

ライガーぼむ    011-764-0282
Grabs     011-731-3232
パラエストラ札幌  011-733-5301
蹴空ジム      011-792-0821
ケイワールド    011-712-1110
他、各出場選手所属ジム

大会詳細はBOUT公式ブログblog.bout.main.jp/

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

facebook_bnr

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。