BOUT-22:パッカシット、TETSUROの挑戦を一蹴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノースエリア格闘技イベント BOUT22
2016年3月6日(日)札幌市・コンカリーニョ

チケットが早々とSOLD OUTとなり、立ち見懇願のファンが続出するという事態に発展した今大会。

grabs移籍後絶好調のTETSUROが、ウィラサクレック札幌の門番・パッカシット・ウィラサクレック(タイ)に挑んだ一戦は、パッカシットが横綱相撲でTETSUROを一蹴。あらためてムエタイの壁の高さを道内のファンに知らしめた。

その他、ランカー越えに期待がかかった山川賢誠、AKINORI&拓也の蹴空ジム勢が本州勢を迎え撃った激戦等、ノックアウト続出のBOUT第22回大会をダイジェストでお届けする。

▼メインイベント:ムエタイルール68kg契約3分5ラウンド
パッカシット・ウィラサクレック(ウィラサクレック札幌)
TETSURO(grabs)
勝者パッカッシット:3R2′43TKO

試合は1R早々に動いた。開始20秒ほどで、さりげなく接近したパッカシットが右ヒジ一閃。TETSUROの額があっさりと割れる。そこでストップしてもおかしくない当たりだったが、試合は続行。動揺するTETSUROにパッカシットは容赦なく魔人ローキックを浴びせる。

ローに意識が向けばヒジ、ヒジに意識が向けばふたたびロー。序盤はTETSUROも蹴りを多用したが、蹴り脚をキャッチされて何度となくこかされ、パンチで攻めるしかない状況。ふたたびヒジ&ローのループにはまる悪循環に。1R終了時のインターバルでは、はやくもパッカシットから笑みがもれる。

2R、TETSUROは腰が引けてしまい、繰り出すパンチにも覇気がない。情けをかけるようにパンチの攻防につきあうパッカシット。TETSUROが乗ってくると、ふたたびヒジ&魔人ローキック。あわせて縦ヒジと膝蹴りも投入する非情なパッカシット。TETSUROの額からほとばしる鮮血に、再三のドクターチェック。

3R、パッカシットは右脚を負傷したのか、ミドルとヒザの攻撃にシフト。中盤、ヒザがみぞおちにヒットし、苦しそうな表情をうかべるTETSURO。パッカシットは魔人ラッシュで畳み掛ける。もはや観ているのが気の毒。終盤、ついにレフェリーが試合をストップ。

この試合の詳細レビューをみる>>

bout-22-21bout-22-22bout-22-23bout-22-24bout-22-25bout-22-26bout-22-27bout-22-28

▼セミファイナル:RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド延長1ラウンド
沙斗流(RISEバンタム級8位/ラビカラ)
山川賢誠(札幌道場)
引き分け(延長判定1-1本戦判定0-0)

札幌勢期待の山川が、BOUT-21の敗戦から心機一転、RISEのランカーに挑む。
1R、沙斗流のパンチに、山川はカウンターのヒザ&左フック。沙斗流は山川の左フックをすべてダッキングする見切りのよさ。脚をつかう山川を、沙斗流が追いかける展開。

2R、ヒザでは前進をとめない沙斗流に、山川は左ミドルを投入。沙斗流はパンチに加えて、空手仕込の回転蹴りで応酬。両者共にクリーンヒットはなし。

3R、沙斗流の突進をさばく山川だが、嫌がって下がっているかのような消極的な印象を残してしまう。手数が多いわりにクリーンヒットが少ない沙斗流は、後半、とび蹴りなどを繰り出し印象点を稼ぐ。

延長戦、スタミナ切れを隠せない山川。沙斗流のヒット無き突進と、山川の左ミドルの対決。終了時、苦しそうなうめき声をあげ、コーナーにもたれかかる山川。判定は三者三様のドロー。

bout-22-18bout-22-19bout-22-20bout-22-17

▼第4試合:RISE公式戦ライト級3分3ラウンド
AKINORI(蹴空ジム)
潔 人(リアルディール)
勝者AKINORI:判定3-0

1R、パンチ&ローキックで快調にとばすAKINORI。潔人も手は出すが、AKINORIのリターンについていけない。中盤、ボディを効かせてからのラッシュで、AKINORIがスタンディングダウンを奪取。

2R、AKINORIはレバーブロー&ロー。後ろ蹴りなどの遊び技を繰り出し、余裕もみせる。潔人は苦しみながらもコツコツとローを返す。ラウンドを通して潔人がロープを背負う展開。

3R、ノックアウトしたいAKINORIはボディ攻め。ヒザ、ロー、ミドルまで繋げる。潔人も逆転をかけてパンチで切り込む。後半はパンチで真っ向勝負。盛り上がる会場。判定は文句なしでAKINORI。

bout-22-16bout-22-15bout-22-14bout-22-13

▼第3試合:RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
山田 忠洋(ウィラサクレック札幌)
坂田 慶悟(HAYATO GYM)
勝者坂田:KO1R1′57

ウィラサクレック札幌の秘蔵っ子・山田がBOUT初参戦。ゴングと同時にキレのあるミドルをくりだす山田。坂田は闘牛士のように”ひらり”とかわす。見た目に似合わず、軽い身のこなしをみせる坂田。

中盤、ミドルを空振りした山田は、そのまま回転して後ろ蹴りに繋げる。しかし、後ろ蹴りも空振りして正面を向いたところを、坂田のフックがタイミングよくヒット。山田は不運の大の字ダウン。ダメージをありと判断したレフェリーは試合をストップ。

bout-22-9bout-22-10bout-22-11bout-22-12

▼第2試合:RISE公式戦バンタム級3分3ラウンド
拓 也(蹴空ジム)
大羽 理斗(ストライキングジムARES)
勝者拓也:KO2R1′09

札幌勢期待の拓也が、シュートボクサーと初対決。1R、両者ローキックでのさぐりあい。拓也のリターンが早い。スピードで勝る拓也に、会場には安心感がひろがる。膠着状態になっても、体幹の強さでひけをとらない拓也。

2R、手数では負けていない大羽だったが、拓也のヒザをボディに被弾すると、一転して消極的に。組み付こうとする大羽を、引き離して追撃する拓也。組み付かれても、安易にブレイクを待たないところが蹴空ジム生のいいところだ。

フィジカルを強化した拓也は、組みつきを振りほどく際、大羽の身体を横に向けてしまうほどのパワーの差をみせる。そこに渾身の右ストレートを叩き込むと、大羽はうつ伏せに崩れ落ちた。立ち上がろうとするも、カウントアウト。

bout-22-8bout-22-7bout-22-5bout-22-6

▼第1試合:RISE公式戦ミドル級3分3ラウンド
広瀬 公俊(grabs)
飯田 翔大(HAYATO GYM)
勝者広瀬:判定2-1

1R、当たりの強さは互角だが、パンチだけの飯田に対し、広瀬はパンチからローまで繋げる。中盤から飯田もミドルを投入。重量級の対決に固唾をのむ観客。

2R、飯田のミドルを被弾しながらも、前進をやめない広瀬。中盤から広瀬の右ストレートが再三、飯田の顔面をとらえ始める。しぶとくミドルを放つ飯田。

3R、スタミナをロスしてきた両者は、足を止めて打ち合う展開へと移行。組み付きに大振りパンチといった泥試合がつづく。判定は1-1で推移し、最後の一人が廣瀬を支持。

bout-22-1bout-22-2bout-22-3bout-22-4

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

facebook_bnr

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。