まもなくゴング!BOUT-26 前日計量レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道最大の格闘技イベント「BOUT」の観戦チケットが早々と完売するのは珍しいことではないが、今回のBOUT-26では完売したうえに急遽立見席を販売するという異例の事態に発展している。

メインイベントが山川賢誠(札幌道場)と拓也(蹴空ジム)の道内きっての人気選手で争われることはもちろん、道外からも北濱精悦、米沢知佐といった元・極真世界王者の襲来も話題を呼んだからだろう。

前日に行われた計量では各選手ともに一発パスし、調整具合の良さを印象付けた。あとはまもなく鳴らされる運命のゴングを待つのみだ。

以下に前日計量時の様子とコメントを紹介する。


山川賢誠(札幌道場)

5月には上位ランカーとの対戦を控える山川。今回は異例の速さでチケットが完売したため、多くのファンにチケットを売り損ねたと告白。

「減量は順調にいきました。年内にランキング上位に食い込むことが今年の目標。そのためにも、ここで遠回りするわけにはいかない。格下との対戦は別の意味でプレッシャーがあるが、乗り越えなくてはならない。ランカーとして恥ずかしくない戦いをする」


拓也(蹴空ジム)

計量会場で唯一、笑顔を見せなかったのがこの拓也。1月のRISE-115では痛恨の黒星をつけたが、オーラは消えていなかった。下克上なるか?

「調子いいですよ。秘密兵器?あるけど試合でのお楽しみ。津田戦で敗北した悔しさをバネに、死ぬほど練習してきた。明日は”気持ち”で戦う。あとはやるべきことをやるだけ」


TETSURO(GRABS)

KAZJANJIRAと二年ぶりの再戦となったTETSURO。KAZはその間、KAZは蹴拳のウェルター級王座を獲得。勝てばTETSURO株も自動的に値上がりする。忍者ポーズをサービスで。

「再戦だからどうこうはない。オファーがあればやるだけ。前回は手応えがあったがドローだった。今回は白黒をはっきりさせたい。やっぱり倒さないとダメですね。」


出口智也(釧路忠和會)

前回は膝の故障により精細を欠き、KO勝利を逃した出口。今回は故障も完治し、新進気鋭のMMAファイター・後藤丈治にたいして牙をむく。

「怪我が完治したので調子がいい。試合が楽しみ。MMAファイターが相手だが、特に意識はしていない。年内の目標は上位ランカーに東京の興行でリベンジすること」


後藤丈治(P´sLAB札幌)

東京でのキック・デビュー戦では関係者の評判も上々だった後藤。負けても失うものがなにも無いのが強みだ。大判狂わせを演じるか?

「調子めっちゃイイっすね。調整メチャクチャうまくいったんで。まわりは”出口さん強い強い”って騒ぐけど、明日の試合見てもらえばハッキリするんで。期待してください!」


がんばれ!ふるかわくん(GRABS)

ふるかわくんが計量台に乗ると、すかさず顔面アップの写真を撮る師匠・TOMONORI。会場が笑いに包まれる。後ろに控える対戦相手・山田忠洋も複雑な表情。ふるかわくんのコメントをもらい忘れたのは無念の一言。


山田忠洋(WSR札幌)

すっかりBOUTのレギュラーとして定着した山田は、同門の熊谷麻理奈と到着。計量時には過去最高の肌ツヤを披露。過去2戦2敗のふるかわくんにリベンジなるか?

「調子はいいです。今日は麻理奈さんと一緒に来たんで、リラックスできました♡」


大地(蹴空ジム)

対戦相手の北濱精悦は、大地のキャリアの中でも、過去最高の実績をもつだけに険しい表情。計量パスした瞬間のみ、かすかに笑みを見せた。今回も速攻で決着をつけるか?

「いつもより一階級上の契約体重なんですよ。だから減量もラクだったし、いつも以上に調子はいいです。面白い試合をしますよ。」


北濱精悦(TARGETSHIBUYA)

師である第4代RISEバンタム級チャンピオンのDykiこと、宮城大樹氏とともに会場入りした北濱。予備計量を済ませると、終始リラックスムードだった。

「7kg落としましたが、順調でした。調子はバッチリです。明日は期待してください!」


熊谷麻理奈(WSR札幌)

憑き物が落ちたようにスッキリとした表情が印象的だった熊谷。WSR札幌のアットホームな雰囲気は水が合っているのだろう。まずは地元初勝利といきたいところ。

「BOUTは毎回見てたんですけど試合するのは初めてなんで、ちょっと緊張しています。減量ですか?あいかわらず苦労してます(笑)はやくゴハン食べたいです!」


米沢知佐(TeamFreeStyle)

第6回極真会館世界大会優勝をはじめ、MMA等の他競技にも積極的に参戦してきた米沢。世界を獲った必殺ローキック。熊谷の脚は耐えられるか?

「現在はMMAの試合はせず、キック一本に絞っています。熊谷選手の印象?思っていたより背が高いですね。脚を攻めれば弱いかも。札幌は修学旅行できて以来。勝って美味しいものを食べて帰ります」

【3月26日開催:BOUT-26 全対戦カード】

▼メインイベント
RISEランキング戦バンタム級3分3ラウンドEXR1R
山川賢誠(RISEバンタム級9位・札幌道場)
拓也(RisingRookiesCup2016バンタム級優勝・蹴空ジム)

▼セミ・ファイナル
BOUTkickboxingルール67kg契約3分3ラウンド(肘有)
TETSURO(NJKFウェルター級4・Grabs)
CAZJANJIRA(蹴拳ウェルター級チャンピオン・JANJIRAGYM)

▼第4試合
RISE公式戦57kg契約3分3ラウンド
出口智也(RISEバンタム級7位・釧路忠和會)
後藤丈治(P´sLAB札幌)

▼第3試合
BOUTkickboxingルール53kg契約3分3ラウンド
がんばれ!ふるかわくん(Grabs)
山田忠洋(WSR札幌)

▼第2試合
RISE公式戦スーパーライト級3分3ラウンド
大地(蹴空ジム)
北濱精悦(極真会館連合会第2回世界大会優勝・TARGETSHIBUYA※小樽出身)

▼第1試合
RISE公式戦59kg契約3分3ラウンド
熊谷麻理奈(全日本ボクシング選手権2012準優勝・WSR札幌)
米沢知佐(第6回極真会館世界大会優勝・TeamFreeStyle)

写真提供:BOUT実行委員会
photo & text:山田タカユキ

The following two tabs change content below.
山田 タカユキ

山田 タカユキ

1971年生まれ。おもに格闘技イベント「BOUT」に関するレビュー記事や、出場選手へのインタビュー記事を担当。競技経験は空手・キックボクシング、ブラジリアン柔術。愛読書はさいとうたかおの「鬼平犯科帳」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: IPアドレスを記録しました。